ハンドルが重い・・・

| 0件のコメント

ある日突然、ハンドルが重くなった。

エンジンをかけてるのに、かけてない時のような重ステ・・・

とりあえず、ボンネットを開けてみる。

ベルト切れ、パワステフルードの点検、ポンプの稼働状態・・・

下回りを覗いてみる。

ステアリングギアボックスの状態、漏れ・・・

なんにも問題なさそう。

ポンプが突然油圧発生しなくなった??

ギアボックスがいかれた??

.

.

そんな時は一息深呼吸をして休憩しましょう。

そして、車両をリフトアップ(若しくはフロントタイヤだけでもジャッキアップ)

その状態でハンドルの重さに変化がなければ・・・

原因はコイツです。

ステアリングシャフト。

写真は2本映ってますが、車両には1本だけついてます。
ステアリングコラムから、ギアボックスの間にある、エンジンルームの中にあるシャフトです。

ここのユニバーサルジョイントが固着し、回転時にスムーズに角度を変化できなくなります。

クラッシックレンジ、ディスカバリー1、ディフェンダーなどに多いみたいですよ。

コメントを残す

必須欄は * がついています


コメントに画像が貼れます(JPEGのみ)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください