やじ馬、O2センサーに泣く

内緒にしておこうと思ったのにnozakiさんに書かれてしまったので仕方がないですね。爆
やじ馬のディスコは夏の終わり頃からアイドルがときどき安定しなくなっていまして、おかしいなーと思って自分のできる限りの範囲でみていったら、腰が痛くなるので後回しにしていたプラグが終了状態になっているのを発見しました。

どんだけギャップあければ気が済むの…という写真。orz

ただ、この発見が遅かったために、不完全燃焼で排気を監視している運転席側のO2センサー(ラムダセンサー、ともいいますね)がお亡くなりになってしまったようです。

真っ黒けっけなO2センサー…エアーで吹いてみたら中からありえない量のススが…

実際、O2センサーが死んだからプラグがダメージを受けたのか、プラグがダメだったからO2センサーが死んだのかわかりませんが(助手席側プラグは運転席側ほどの状態ではなかったし)、なんにしてもプラグを新しくしても調子が悪いときにはその先まで疑わないといけませんが、こういうのはT4テスターを当てないと判りませんね。

このテスター、高いだけあって本当に優秀です。
ちなみに値段を聞いたらやじ馬のディスコより高いです。爆

人間じゃないですけど、やっぱり病気になってからでは遅いので、未病(自覚症状はないが、検査で異常がある状態とか)の段階で適切な治療が必要ですね。

ほんと、触媒まで逝かなくてよかった。あのカラカラ音はもう聞きたくない。(^-^;

コメントは受け付けていません。