エンジンが吹けない

| 0件のコメント

ディフェンダー110Tdci 2.2リッターでエンジンチェックランプ点灯、エンジンが吹けなくなる。

まずはテスター診断。
pxl_20220423_045308808-mp

エアフロ系の故障のみ入力

念のためテスト用と交換してみるも状況変化なし。

よくあるインタークーラーホースの亀裂やピンホール穴などないか点検。
点検・・・、って簡単にいうけど3本とも外して点検するって、結構大変です。
横着すると腕は傷だらけ。結局周囲を外さなければならず、急がば回れ的な感じ。
そんな感じでやっと外したホースは3本とも無傷の無罪。

グリルを外して見ると何やら変なものを発見。

pxl_20220423_044949637

インタークーラーの形状が違う・・・。

そこ?

そこもそうなんだけど、もう少しよく見てみる。

pxl_20220423_044927516-mp

アルミのインタークーラーのコアとブロック間の溶接部分周辺がブローバイで真っ黒。
エンジンを掛けて手を当てるとかなりの風速がある。

原因はこれでした。
最初からこちらを疑っていればホースを外す痛い思いをしなくてよかったのに。

何にしても原因が分かってよかったです。

しかし、このアルミのインタークーラー。
UKではそこそこ有名なメーカーのようですが、外れでしたかね。

コメントを残す

必須欄は * がついています


コメントに画像が貼れます(JPEGのみ)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください