パワステオイル漏れ

| 0件のコメント

クラシックレンジ、ディスカバリー1、ディフェンダー等に搭載されているボールナット式のステアリングギアボックス。
このギアボックスからのオイル漏れは大きく二つ。
上部ウォームシャフトシールからの漏れ。
下部セクターシャフトシールからの漏れ。
たまに本体接続部よりの漏れもありますが、大抵がコレのどちらか、若しくは両方。

どちらのシールも部品は出るので交換修理は可能です。
が、シールだけの問題ではないことも多く、交換しても止まらないことが多いです。
感覚的には半分ぐらい止まってくれればいいかな的な感じです。

そんなセクターシャフトからのダダ漏れ車両。
シールの交換依頼だったので、上記説明をしたうえでの作業。

pxl_20220219_015734390

まずドロップアームを外すのに一苦労します。
ここで運があるかないかがわかります。
この車両は結構すんなり外れたので、なんとなくいい感じ。

pxl_20220219_015719001

ここからシールやプレート類を取り出します。

pxl_20220219_015915821

うまく全部取り出し成功。
かなり劣化してます、これでは漏れてしまうのも当然です。

pxl_20220219_015818090-mp

新品を外した順番に、方向性も間違えずに組付け。

今回はうまく行ったようです。
作業完了時間が読めなく、結果もよろしくないことも多い作業ですが、短時間で作業完了し漏れも止まったときは頑張りが報われますね。

コメントを残す

必須欄は * がついています


コメントに画像が貼れます(JPEGのみ)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください