変な音

| 0件のコメント

セカンドレンジローバー(LPレンジ)98年モデルで、エンジン掛けると変な音。
例えるとすると小型船のポンポン船のような音、
マフラーを直管にしたハーレーの2気筒エンジンのような音。
およそ調子のいいV8のエンジンの音ではないし、排気漏れしているような音ともちょっと違う。
念のため簡単にEXマニやダウンパイプあたりのガスケットを点検してみるも漏れている様子はなし。

原因を探るためにヘッドを外します。

pxl_20210518_091007698

pxl_20210518_091105293

いました。
6番シリンダのヘッドガスケットが外側に抜けてました。

pxl_20210521_092303581

メタル部分も破って完全に外側に漏れてます。
これでは排気漏れどころか圧縮漏れですね。

pxl_20210518_091148071

なぜそうなったか、原因はわかりません。
ヘッドボルトもきちんと締まっていたし、伸びている感じもないしブロック側のスレッドが崩れていたという形跡もなし。
98年から23年、10万キロを超えてますので、まあこういう事もあるのかなというしかありません。
この現象はごく稀にあり、うちでも片手ぐらいの件数あります。

シリンダヘッドを清掃して簡易的に歪みや損傷を確認したら、最大で0.08ミリの歪み、大きな損傷もなさそう、念のため亀裂チェックもしてみても問題なさそう。ブロックもライナー落ちなどなし。

どちらも使えそうです。

pxl_20210528_033825995

外注先の内燃機屋さんにも点検してもらい問題ないことを確認して0.1研磨してもらいました。
ちなみにこのヘッドは最大0.5まで研磨できるそうです。
そこまでやらなければダメなヘッドは今まで見たことありませんが・・・。

あとは組付け。
また元気に調子よく動いてくれることを祈りつつ。

コメントを残す

必須欄は * がついています


コメントに画像が貼れます(JPEGのみ)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください