スイベルハブボールジョイント

| 0件のコメント

pxl_20210601_063016904

セカンドレンジローバー(LPレンジ95~02)、ディスカバリー2(LTディスコ98~04)のフロントアクスル、スイベルハブの上下ボールジョイント、ホーシングの左右エンドについているものです。
これのブーツがよく切れます。ちょっと亀裂ぐらいなら見逃せますが、中にはブーツが全くなくなってしまい、ボール部が丸見えだったり、ハンドルを切るとギーギー音がしたり、ハブベアリングではなくこのボールジョイントにガタがある車両もあります。
そうなると交換しなければ、安全上も車検整備上もよろしくありません。
ただしこのボールジョイントを交換するのはかなり面倒で、専用の工具がないとなかなかできません。

そこで登場するのがこんなSSTです。

pxl_20210601_063029650

油圧のRAMシリンダで古いボールジョイントを押し出し、新しいものを圧入するものです。
ただ、外すときの初期トルクがかなり掛かる場合があり、このRAMに大きなストレスがかかることがあります。
長年使用していると、どうしてもプッシュロッドとRAMの内径ののスレッドが摩耗しプレスすることができなくなってしまいます。そうなるとこの作業ができなくなってしまいますが、すでにこの工具も入手困難。恐らくこの工具を持っていて、さらに現役で使えている工場も国内では数えられるぐらいしかないんじゃないかな。

そこで取引先に相談したところ、二つ返事で修理可能と連絡いただき、早速分解、修理をお願いしました。

pxl_20210604_235859346

pxl_20210604_235852390

以前のものはプッシュロッド先端がバーになっていて手で回すハンドルでしたが、六角頭のボルト形状に作成してもらい作業性を向上、さらにRAM内部のカップなども新品、オーバーサイズにしてもらいパワーアップしました。
安心安全の日本国内部品使用の魔改造品に生まれ変わりました!
これでまた10年は持ちますね。

いつも面倒な修理を快諾していただける外注さんには感謝しかありません。

コメントを残す

必須欄は * がついています


コメントに画像が貼れます(JPEGのみ)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください