燃料漏れ

| 0件のコメント

セカンドレンジローバー(LPレンジ)01年モデル。BMW直6ディーゼルエンジン。かなりレアな車両ですが、燃料漏れ。噴射ポンプから盛大に。
よく見てみるとポンプ本体の接続部ガスケットより漏れているようなのでガスケットを交換すれば直るような感じではあるのだけど、どう見ても分解できそうもない位置。ボッシュ製のようなので取扱店に聞いてみるもオーバーホールキットは存在してないとの回答。これは交換しかないという事でその方向で動いてみると、ポンプはリビルトがUKにありそう。
ただ、交換するとなるとオイルパン脱着、フロントカバー脱着、タイミングチェーン脱着、もしかするとフロントカバーがヘッドを外さないと取れないかもしれない・・・。かなりな大作業になる予感。
なんとかワークショップマニュアル(英語)を入手すると、ポンプ脱着のSSTがあることを発見。これがあれば上記作業をかなり省くことができるようなので、方々に問い合わせ。18年も前に生産を終了しているモデルのSSTなのであるとは思えなかったけど、何とかゲット。

cimg0693

無事取り外し。

cimg0698

取付完了

cimg0694

このSSTがあればタイミングが狂うことなく元通りに取付完了出来ます。

とはいえ、次回の出番は有るのだろうか・・・。

コメントを残す

必須欄は * がついています


コメントに画像が貼れます(JPEGのみ)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください