エアサスフォルト

| 0件のコメント

新年早々から故障ネタ。

いつものことですが・・・。

セカンドレンジローバー(LPレンジ)96年式でエアサスフォルト点灯、車高下がりなし。簡易リセッターでリセットできるものの走行するとすぐに再点灯。リセッターは故障を記録するタイプではないので履歴は消去されてしまう。がちょっと走ればすぐにフォルト点灯したのでテスター診断。

フロント左ハイトセンサー不具合。
リアルタイムモニターで確認、左右の数値に6カウント以上の差がある。

該当部品を確認してみると・・・。

dsc_0001-2

なんと96年新車当時のオリジナルのハイトセンサー。
若しくは交換したことは有るけど旧式のハイトセンサーという事になります。

現在入手できる新品はこちら。

dsc_0004-2

現在入手できるといっても、確か2000年前後にはこれに代わってたと思うので、だとしても20年以上経過しているハイトセンサー。

壊れる壊れる言われますが、こんなにきちんと長い間仕事をし続けてくれる部品もあるんです。

コメントを残す

必須欄は * がついています


コメントに画像が貼れます(JPEGのみ)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください