エンジンが掛らない

| 0件のコメント

サードレンジローバー(LMレンジ04モデル)でエンジンが掛らない。
というよりセルも回らないしメーターの警告灯類もイグニッションオンで点灯しない。配線図でパワーディストリビューション系を追っていく。ヒューズボックス53番の30Aヒューズから出ているメイン電源がイグニッションスイッチに到達しない。配線図を見てもジャンクションや接続ポイントはなく1本で繋がっていることになってる4ミリの太い線。こんなものが断線しているだろうかと半信半疑で配線を追っていく。と言ってもロケーション図がないので見当をつけて該当部品周辺から追っていくしかないのだけれど・・・。

dsc_0002

dsc_0008

dsc_0004

ヒューズボックス回り(ダッシュボード)、イグニッションスイッチ回り(センターコンソール)周辺を散々ばらした後、やっとたどり着いた運転席足元。
エアコンの凝結水オーバーフローなのか雨漏れなのか、そこは定かではありませんがやっと見つけた4ミリの配線、一部被覆が剥けて水(湿気)で銅線が腐食してます。
これの前まで12Vあり、後には0V。完全に銅線すべてが腐食、接触不良を起こしてます。銅線の被覆が弱く水の侵入を許したのか、以前何かの点検でこの配線に検電ペンを差してそのままにしたのか・・・。
そもそも雨漏れ(水侵入)がなければ銅線の腐食もないのですが、腐食した配線もどういう経緯でこんな太い配線が断線するほど腐食したのか、原因は分かりません。ただ、こんな事でエンジンが掛らなくなるという事例も珍しいですね。

コメントを残す

必須欄は * がついています


コメントに画像が貼れます(JPEGのみ)