サイドブレーキレバーの不具合

| 0件のコメント

ディスカバリー2(LTディスコ)でサイドブレーキレバーの位置がおかしい。レバーを戻すとコンソールとの隙間がほとんどなく、次にサイドブレーキを引こうとすると指でつまんで引っ張るような動作になってしまう。

そんな症状の時はレバーのストッパーが破損してます。

dsc_0005

分かりづらいかもしれませんが、レバー付け根の上部の環状の金属のストッパーがあるんですが、それが割れて剥がれてしまってます。そのためレバーを戻すとストッパーが効かずにコンソールまで落ちてしまうという症状になります。
そしてこのレバー、残念ながら生産終了となり新品部品の交換ができません。

となると修理しかありません。

dsc_0011

その部分を溶接して終了。

dsc_0008

レバーを戻した時にこの位置より低い場合、上記の部分が破損している可能性が高いです。低くてもサイドブレーキの効きには問題ありませんが、操作しづらいと感じる場合はこういった修理で対応可能です。

コメントを残す

必須欄は * がついています


コメントに画像が貼れます(JPEGのみ)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください