エアサス

| 0件のコメント

寒い時期になると毎年どうしても多くなるトラブル。

車高が下がる、上がるのに時間がかかる、全く上がらない・・・。

それは車両の経過年数と走行距離に比例してトラブル頻度が高くなります。あとはエアサスシステムの構成部品や配置にも大きく影響があると思います。

dsc_0005

これはレンジローバークラシック(LH、93~95)、セカンドレンジローバー(LP、96~02)のバルブブロックのOリング。
当然純正補修部品としては供給がないので社外品になります。
内容物の種類、数、色や材質、品質の違いもありますがそれらはそんなに気になりません。一番困るのはOリングの径や厚みが取り寄せたモノによって微妙に異なること。これによって気密が完全に保てなくなる部分が出てしまい、結果オーバーホールが意味のないものになります。もちろん組付けの精度や、その他プランジャーピストンの上下ゴムの材質や状態も大きく影響しますが、最低でも朝一始動時に下がってた車高がシュッと10秒ぐらいで上がってほしいです。

新品のバルブブロック本体も社外品(OEM)はまだ供給されてますがかなり高価です。比較的安価なオーバーホールで、ある程度納得できるレベルまでエア漏れが抑えられる方がベストではあります。

コメントを残す

必須欄は * がついています


コメントに画像が貼れます(JPEGのみ)