2018/08/11
から nozaki
0件のコメント

リモコンの追加

dsc_0010

フリーランダー2(LF 08)でリモコンの効きが悪い。

リモコンのボタンを押してもドアロックが解除しない。

ドアのガラスに近づけて何回も押してやっと反応する。

いくらエマージェンシーキーがあってもリモコンの効きが悪いと精神衛生上よろしくありません。バッテリーを交換しようにもフリーランダー2のリモコンはバッテリー内臓式で、車両スロットに入れている間に勝手に充電されるタイプで、その充電を行っても効きが悪いとなると、もう内臓バッテリーの性能が低下している可能性が非常に高いです。
そうなると本体の交換が必要になり、さらにテスターで登録作業が必要になります。

形状と方式は異なりますが、ディスコ3(LAディスコ)やレンジスポーツ(LS 05~09)も同様に車両充電式なので同様の現象が起こることがあります。

使用頻度や状況にもよりますが、年式的に10年を超えてくるとそろそろ交換タイミングかもしれません。

2018/07/30
から nozaki
0件のコメント

エアサストラブル

何かとトラブルが多いエアサスですが、その中でも一番トラブルが多い車種は、不名誉な話ですがセカンドレンジ(LPレンジ)ですね。残念ながら。
それでも今現在でも乗り続けているユーザーさんはそれを含め、楽しみながら、うまく付き合いながら維持していると思います。

しかし、最近衝撃的な出来事が・・・。

エアサスコンプレッサーの話です。
今までもコンプレッサーはいろいろなメーカーから出ていました。
純正、OEM、DUNLOP、ARNOTT?・・・
どれも純正以外は耐久性が低かったり、モーターのコイル巻き数が少なかったり、サーマルスイッチが弱かったり、ベアリングが中〇製だったりと、かなり信頼性と耐久性に欠けていて、高いけど純正が一番いい(無難ともいう)という神話がありました。
しかし最近、純正リビルト品でトラブルが数件発生したので分解してみると・・・

dsc_0008

dsc_0005

ピストンのクランクベアリングが日本製ではなくなっていました。
さらにピストンシールを固定しているリングも今までのものと違い一回り外径が小さいものを特殊な?ものを使って固定していて、「オヒオヒそれはないだろ」というモノでした。

これにはかなりの衝撃と残念な気持ちでいっぱいです。

中古市場でも純正のコンプレッサーが貴重になってきました。
LR純正部品には、もう少し使用する構成部品や仕上げに品質アップを期待すると共に、アフターマーケットでも色々と考え直す時期に来ているのかもしれません。

2018/07/15
から nozaki
0件のコメント

エンジンが掛らない

ディフェンダー110,Td5(LDディフェンダー04)正規輸入車で、エンジンが掛らない。

集中ドアロックが効かない
ドアロックリモコンも使えない(純正オプション)
セルが回らない・・・

で、エンジン掛からない。

さらに良く見てみると、ルームランプもすべて点灯しない。フューエルポンプもIG,ONで作動音なし。インパネの警告灯類も一部点灯しない状態。エンジンは掛からないが、イグニッションをON→OFFにするとたまにダッシュボード奥より「ジジジ・・・」と変な音。テスターで診断しようとして接続しても、エンジン、ABS、セキュリティすべて通信できず。

原因はこれ

dsc_0023

ヘッダーの接触不良
集中アースの束です。

dsc_0020

ダッシュボードの奥の配線の束に隠れています。
雨漏れか、追加電装品が多かったからなのか・・・、原因は定かではありませんが、配線図上で該当するアースポイントコネクタが焼けて接触不良を起こしていました。

こう見ると、電装品が少ないディフェンダーでも配線は結構多いですね。

2018/07/06
から nozaki
0件のコメント

油圧警告灯

あの、アラジンと魔法のランプのランプみたいなマークです。
これが走行中点灯するとドキッとしますよね。

今では貴重なディスコ1、300Tdi(LJディスコ)でこの症状。

ただの誤作動(スイッチ不良)ならいいのですが、本当にオイルポンプが油圧を発生していなければ大事になってしまいます。最近の車両であればバルブクリアランス調整に油圧タペットを使ってますので、油圧が本当になくなればエンジン音がバタバタと大きくなります。(それはそれでとんでもないことですが・・・)
ランドローバーだとディーゼルエンジン(Tdi系)は調整式なので油圧がなくなってもすぐには異音という現象では違和感を感じられません。
ひとまず油圧を測定してみるしかありません。

dsc_0001

アイドリング時正常。
2000回転に上げて油圧の上昇も確認。
オイルポンプや潤滑系統に異常はなさそう。

dsc_0005

メーター本体のプリント基板やMFUに問題なければ、このオイルプレッシャースイッチしかありません。

ひとまず大事でなくてよかったです。

2018/06/24
から nozaki
0件のコメント

雨漏れ

季節柄・・・、というか
ランドローバーだから・・・?というか

この時期は雨漏れの修理が多いです。
最近はディスカバリー2、3(LT、LAディスコ)が特に多い気がします。
ディスコ2の本格的な雨漏れ修理となるとルーフライニング脱着の前後サンルーフ脱着と、かなり大掛かりな作業になりますが、ディスコ3も結構面倒なことになるとこが多くなってきました。

dsc_0003

フロント座席足元、Aピラーの下部、左右サイドパネルの部分ですが、サンルーフのドレンチューブがルーフライニング上からAピラーを通って足元のパネルから外に接続され水を排出してます。通常ドレンチューブの詰まりを想定してエアで飛ばしたり、長い針金のようなものを通して突くような作業をすると思いますが、それをやったからなのか、違う理由なのかわかりませんが、ボディ接続部のゴムが劣化し密着できずに外れ、そのまま室内にドレンの水が流れ込むという症状が結構あります。

dsc_0009

新品は交換ですが、劣化するとこんな感じ

dsc_0008

運転席側はまだいいのですが、助手席側のドレンを確認し、ダメな場合交換するのは想像以上にかなり面倒です。