2019/11/24
から nozaki
0件のコメント

リモコンが使えない

ディスカバリー3(LAディスコ)05モデルで、リモコンが使えない。ある日突然リモコンでドアロック、アンロックしなくなった。それも持っているリモコン2個とも。
ひとまずテスターで再同期設定をしてみるも全く反応なし。

これは車両側の何かがおかしくなっている可能性大。

まずはCJB(セントラルジャンクションボックス)の電源系統を確認、問題なし。リモコンのボタンを押しても変化なし。次にレシーバー~CJB間の配線を点検、導通なし・・・。
配線図を見ると日本仕様にはないタイヤプレッシャーモニターのモジュールの配線と集合しているSJ(スレッダージョイント)がある。

これを探して追っていくと。

cimg0573

cimg0576

この位置にありました。
しかも案の定腐食しています。
このジョイントを一度切って再接続、防水処理。

テスターでリモコンの再設定をして使えるようになりました。

今回のそもそもの原因は「雨漏れ」
以前サードレンジ(LMレンジ)でもありましたが、雨漏れで雨水が室内に溜まり、配線の束が浸水。被覆に覆われている配線ならある程度耐えられますが、コネクター部やジョイント部、被覆に傷があるような状態だと湿気で腐食、接触不良を起こします。その配線が何をしているかによって不具合を起こす現象は違います。たまたま使っていないような配線ならいいですが、リモコンが使えないとかエンジンが掛からないといった不具合だと直さなければ車が使えません。
そして根本的には雨漏れの原因を特定し、そちらも修理してあげる必要があります。

2019/11/18
から nozaki
0件のコメント

エンジンが掛からない

ディフェンダーALL V8、300Tdi、Td5、Tdciで、エンジンが掛からない、セルが回らない。イグニッションオンでメーターの警告灯が光るけど、スタート位置まで捻るとすべてランプが消灯する。

そんな時はこれがダメなことが多いです。

dsc_0023

イグニッションスイッチ

内部の接点が焼けていたり埋没していたり、ベース部分が溶解していたりして接触不良を起こします。
基本的には修理ではなく交換となります。
が、最近、その交換部品(新品部品)がダメで、きちんと取り付け(交換)できないものが多いです。純正品も社外品も同じですが、取り付けビスの位置が微妙に合わなかったり、位置決めの切り欠きの長さや厚み、太さが合わなかったり。そもそも材質が悪く不具合が起きて交換しなければならない部品が、形状までもしっかり作れないなんて・・・。

昔からいろんな部品でそんなことはありましたが、最近のトレンドはこれみたいです。

2019/11/10
から nozaki
0件のコメント

ブッシュの交換

セカンドレンジローバー(LPレンジ)のラジアスアーム、リアトレーリングアームのブッシュ交換。ポリブッシュなどの社外品は古いブッシュを外せれば取り付けは何の問題もなくできます。しかし純正のゴムブッシュは普通の汎用の径の合うジグとプレスでというわけにいきません。

dsc_0004-2

外側のカラーが金属ではなく樹脂製で、軽量かつ特殊な素材でできています。話は逸れますがセカンドレンジはリアトレーリングアームも金属ではなく軽量な素材で作られていて、この時期のランドローバー社は何か実験的なことをしていたような気がします。が、話を現実に戻すと、最大に困ることははアームの取り付け内径とブッシュの外径が約3ミリ、ブッシュの方が大きいこと。普通に考えれば新品ブッシュを圧入できません。そこでこういった専用のSSTを使って入れます。

dsc_0011

dsc_0003-2

円筒形の内部がテーパー状になっていてブッシュを挿入し圧力を加えていくと出口で3ミリ圧縮されて出てくるためアームに難なく取り付けできます。

私が知っているランドローバーではこのタイプのブッシュを使っているのは95~02年までのセカンドレンジだけです。しかもラジアスアームとトレーリングアームのブッシュ6個のみ。
かなり特殊ですよね。

2019/11/02
から nozaki
0件のコメント

クラッチペダルが踏めない

ディフェンダー110、300Tdi、R380マニュアルトランスミッション。
クラッチペダルが踏めない。
ペダルを踏んでもフットレストを踏んでるかのように固く、奥にも手前にも動かない。

そんな時はこれがこんな風になってます。

dsc_0009-1

クラッチレリーズアーム。
ガイドの支点部分がアームを突き抜けてます。

これは300Tdi特有の不具合で、レリーズアームがただの鉄板でパンチング成形されただけの代物なのでこう言った不具合が起きます。その他のV8やTd5などは鋳物のアーム、Tdciはアーム自体がなくレリーズベアリングを直接油圧シリンダで押すタイプになってます。まあ、これはこれで違うトラブルになってしまうわけですが・・・。

で、アフターマーケットではHD版(ヘビーデューティー)があり、それを使うと耐久性が上がるのでは?と最近はよく使ってます。

cimg0572

純正品と同じ形状のものに、支点部分の貫通してしまう個所に同じ素材のプレートを溶接しただけのもの。これが有効かどうかは定かではありませんが8年ぐらい前から使ってますが、今のところこれで穴が開いたといって再度入庫した車両は有りません。

ただ今回穴が開いた車両も、前回私が作業したのが20年前、約20万キロ持ったんですからまずまずだったのではないでしょうか。

2019/10/21
から nozaki
0件のコメント

キャンプイベント終了

週末のキャンプイベント、無事終了しました。
直前の台風や、当日の予報が悪く、開催が危ぶまれましたが、何とか無事に終了しました。
参加された方、交通事情が悪い中大変でしたがありがとうございました。
諸々の事情により参加が叶わなかった方、次回よろしくお願いします。

また何よりも前回の台風15号、19号で被災されてしまった方々の、早期の復興をお祈りします。
早川町の早川もかなり増水して河原のオフロードコースが流されたりした被害があり、本流の富士川なども未だに今まで見たことのない川幅、濁流で改めて台風19号の雨量の多さを実感しました。残念ながら被災されてしまった方々は、少しでも早く日常を取り戻せますように。また幸運にも被災されなかった方はボランティアや被災地への支援、経済活動などで貢献できることを無理のない範囲で継続してやっていければと思います。

次回のキャンプは来春を予定してます。
皆さんのご参加をお待ちしてます。